« Phantasy Star Universe-L・O・V・E 【2-40】 | トップページ | Phantasy Star Universe-L・O・V・E 【2-エピローグ】 »

ユエル    「最後の更新日時を見てみたら、4月22日とかになってるッスよ(゚∀゚)」

ヘイゼル   「驚くべき体たらくだな・・・(;´Д`)」

ユエル    「自分でもビックリッスよ。もうそんなに更新してなかったッスか!? ・・・って(゚∀゚)」

ヘイゼル   「またかよwwwとか思われるな。数少ない読んでくれてる人に・・・」

ユエル    「最近、遊びすぎちゃったッスね。PSU-LOVEも残すはエピローグだけッスけど、これが結構進まないッスよ(゚∀゚)」

ヘイゼル   「自業自得なんだが、自覚があるのかないのか・・・( ´_ゝ‘)」

ユエル    「頑張って仕上げるので見捨てないで欲しいッスよ!('Д`) 計算では後、1~2回くらいで終わる予定ッス!」

ヘイゼル   「まあ期待しないで待ってみるか・・・」

ユエル    「今回はまだ生きてますよ! 的な挨拶と繋ぎ・・・ゲフンゲフン! オリジナル次回作の予告を公開しておくッスね!」

ヘイゼル   「体よく言った物だな(;´Д`)」

ユエル    「だって、こうでもして自分に発破掛けないと前に進まないッスよ! この中の人は!(゚Д゚#)」

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

子供の頃、英雄になりたかった。

街を壊す巨大な敵に、世界征服を目論む邪悪な組織に、只一人で立ち向かっていった彼等のような―――。

そんな英雄(ヒーロー)になりたかった。

だけど大人に近付くにつれ気付く。

世界は悪に満ちていて、必要悪に支えられて成り立っていて……。

そこには絶対の正義は無く、不完全な秩序が人を支配し、憎まなければならない悪は現実の世界では強くて、正義はとてもちっぽけで弱い存在で……。

だから―――。

かつて英雄を夢見た者達は夢見る事を止めた。

だけど今!

この腕の中で震えている弱き存在。自分の弱さに怒り震えている存在が居て、それを守る力が自分には有って、尚且つ心に信じる正義が有るのなら……。

今は燻って、光沢の無い炭のような塊でも―――!

焚き付けろ正義の炎を!

注②クロニクル

2010年内公開予定

ヘイゼル   「2010年内……だと……?」

ユエル    「予防線もバッチリッスね(゚∀゚)」

ヘイゼル   「やる気あんのかよホントに!? Σ(´Д`lll)」

|

« Phantasy Star Universe-L・O・V・E 【2-40】 | トップページ | Phantasy Star Universe-L・O・V・E 【2-エピローグ】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523001/48650309

この記事へのトラックバック一覧です: :

« Phantasy Star Universe-L・O・V・E 【2-40】 | トップページ | Phantasy Star Universe-L・O・V・E 【2-エピローグ】 »